工房の様子


[TOP]  [検索


ローラへり曲げと腕ミシン
●ローラへり曲げ ショルダーなど長い革の角を曲げます
●腕ミシン 筒縫いです バッグの輪になった部分の縫製に使用します



ヘリ巻きミシンとポストミシン
●へり巻きミシン パイピングしながら(ふちを別布でくるむこと)縫ってゆきます
●ポストミシン センターの長い棒にバッグを入れ立体縫製できます



ミシンやきかいがこんなにいっぱい!
八方ミシンとハンドプレス
●八方ミシン 左右の自由自在に縫製が入ります。修理品の細かい所を縫います。
●ハンドプレス ボタン カシメ等を取り付けします。



いろいろな色、そしていろいろな種類の革!
もちろんそれを縫ういろんな色の糸も必要!!



工房の紹介
松尾屋の工房は特殊な配列となってます 
革製品作成には、型紙作成−革裁断−金具取り付け−縫製−仕上げ等の行程があります。 一般的に大量生産の場合は専属の型紙士・裁断士・縫製士が各工程を工務します。
 松尾屋では担当スタッフがお客樣の意向を伺い、裁断から仕上まで責任を持って作成します。よってスタッフ全員が専用上下送りミシンを加工テーブルの横に配列しています。 
また特殊ミシンとして、腕ミシン・八方ミシン・ポストミシン・中ベリ専用ミシンの6台のミシンで作成しています。また 特殊機械として、へりまげ機・革漉き機・裁断プレス等を配備しています。
 卓越した技術等も機械の正確さには勝てませんよ! 確かに手作業オンリーの風合いも大切なのですがこの御時世に あまりに高価な加工代金は御請求できないですよね! 



●ハンドバッグの松尾屋●

E-mailはここをクリック!

〒500-8441 岐阜県岐阜市城東通り1-24
TEL:058-271-0624
FAX:058-271-9255
日曜・祝日・第2月曜定休 / OPEN 9:00〜18:00




[TOP]