色付けリペア


[TOP]  [検索


●オーストリッチ●

凄い革です。何年も使用しなくてもしなやか。そして軽い。
もし手持ちが折れたならば、それは芯が割れるのです。リペアはとても美しく仕上がり、光沢もでますよ。

●ワニ●

数年使用しないと命取りです。かちんかちんのスルメになります。オイルを入れてしなやかに戻すと、艶がなくなります。
ワニ本来は光沢はありません。上部に塗布されたウレタンが艶を出しているのです。少し黒くなりますが、美しく仕上がります。



●とかげ・ヘビ●

難しいですね。薄く、オイル吸着も素早いです。
全体的にボカシを入れて仕上げします。



ハンドバッグは原皮の状態で着色し作成します
製品になったバッグをインクの入った中に、ジャボンと入れる事は出来ないのです。
裏地・金具等ありますので、外部から刷毛塗り・スポンジ塗り・スプレーガン等で着色するのです。
行程としては製品になり数年経たバッグは、水分と油分が不足しています。
まず汚れを排除し、適度な水分を補給します。
その上皮革銀面に荒れなどあれば、フラット化の為にソフトボンド等を塗布し、下地を完成させます。
そして数日乾燥させ、元色の顔料と性格の近い顔料を選択し塗布します。
その上、色止め剤・仕上げ剤を塗布します。

当店では、呼吸する皮革に蓋をする程の塗料は付けません。やはり風合いと自然感が大切だと感じています。
費用は各リペア¥5,000〜、全塗装¥12,000〜。



●ハンドバッグの松尾屋●

E-mailはここをクリック!

〒500-8441 岐阜県岐阜市城東通り1-24
TEL:058-271-0624
FAX:058-271-9255
日曜・祝日・第2月曜定休 / OPEN 9:00〜18:00



.

[TOP]

.